美味しいパンでお客様の
笑顔や喜びをダイレクトに感じる

-MANAGER-
2005年入社 ボヌール読売ランド店 店長
茂本 巧

INTERVIEW

社員インタビュー

今している仕事はどんなことですか?

パン職人の仕事は、美味しいパンを作ること。今や子供からお年寄りまで幅広い年齢層の人に愛される主食になっています。地域の方の朝ごはんからおやつ・夕食まで生活の一部に寄り添う、そんな仕事です。役職としては後輩の育成も重要な仕事です。後輩が成長した姿を見るとやりがいを感じます。

 

リトルハピネスに決めた理由は?

就職活動のおり昔から好きだったパン屋さんに惹かれ、パン作りに興味をもち求人に応募しました。当時は三軒茶屋と読売ランドの2店舗でした。社長をはじめお店の方々の笑顔や活気があり、雰囲気も良くここで働きたいと思ったことと、同業他社に比べてお給料が良く福利厚生が良かったことも一因です。

 

仕事のやりがい、魅力は何ですか?

焼きたてのパンを人々に届け、焼きたての感動・少しの幸せ・美味しいものを提供することで、お客様の笑顔や喜びをダイレクトに感じる事ができるのが大きな魅力です。またそのようなお言葉、笑顔や話し声が聞こえてきた時はそれまでの努力が報われた気持ちになります。

 

リトルハピネスの社風や人間関係はどうですか?

良い意味で社長、幹部との距離が近く、やる気のある人間にはガンガンチャンスをくれます。店長になって失敗することも多くありますが、社長や部長に助言をいただき、ここまで続けられています。今ではやる気・実力のある後輩も多く、頼もしく感じています。

 

仕事で大切にしていることは何ですか?

目の前のパンに集中し行動する事。そして、買ってくれるお客様がいないと成り立たないので、お客様を一番大切にしています。お客様が嬉しそうに買っていかれる姿を見て「また頑張ろう」と思う心、職場の社員・パートアルバイトさんへの心配りも大切にし、常に笑顔で元気良くを意識しています。

THE TIMETABLE OF THE DAY

ある日の一日

05:00仕事開始

出社し、前日の売上や連絡事項のメールをチェックします。早くからご来店いただくお客様の為、朝から一生懸命作ります。

06:00朝礼

その日の売上目標や行動目標、ご予約の確認など全スタッフで共有します。

07:00お店オープン

読売ランド店は朝の通勤・通学に合わせ他店舗より早くオープンします。

08:00朝の学生ラッシュ

近くに高校がある為、通学の女子高生が来店してくれます。ピークが落ち着いたら、お昼のピークに向けて豊富感を出すためにパンの準備を行います。

11:00休憩

12:00お昼のピーク

13:00配達

特別注文を多く頂くので、ご要望のあるときは配達へ向かいます。「出来ないとは言わない!」なるべくご要望に応えられるようにしています。

14:00店長業務

午後、製造が落ち着いてきたら後輩に任せ、会議資料作成や数値管理・シフト作りなどを行ないます。

15:00掃除

美味しいパン作りにはきれいな製造室が欠かせません。念入りに掃除をします。

16:00退社

翌日の準備・予約確認等を行い、遅番のスタッフへ引き継ぎます。